テクニカルSEO

Google検索で表示されない時に確認すべき事と改善策について

Google検索しても表示されない場合がありますが、基本的な事はSEO対策とクローラーがサイトに訪れる事ができる工夫でGoogle検索で無事に表示されるはずです。

ホームページを作るのがはじめてなら、サイト名で検索しても出てこなく、アクセス数も0のままが多い場合があります。

これは作成するホームページのテーマにライバルが多いようならSEOの内部と外部の対策をしている場合がほとんどなので、ホームページを作る初心者の方に勝ち目はないと言えます。

ただ、SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツ検索エンジン最適化で初心者が中級者になるSEOテクニックを知っていれば上位表示される事も可能です。

それではGoogle検索で表示されない時に確認すべき事について考えてみます。

 

内容が乏しく検索エンジンに評価されてない

ホームページをはじめて作った場合、内容が乏しくGoogle検索で表示されない場合があります。

SEO対策は本やネットで調べれば多少はわかりますが、その内容を細かく理解できていないとわからない場合も多いのです。

ホームページで会社名で検索されたいけどGoogleで1ページ目にこなかったり、トップページで検索に引っ掛けたいキーワードを入れてるけど、うまくいかない場合もあります。

これは、内容が乏しいので検索エンジンからの評価も低くなってるのです。

少なくてもキーワード出現率の理想についてSEOも交えての正解は?を考慮して1000文字以上にしましょう。

なぜGoogle検索で表示されないのか?を考えた場合、トップページにはテキストが豊富に用意されてなく検索エンジンクローラーが訪れる仕組みではないからです。

他に理由があるとしたら独自ドメインで、サイトを公開したばかりか、ライバルサイトのSEO効果が強力で中々上位に表示されない場合もあります。

 

自演リンクを送っていると圏外に

Googleが嫌う自演リンクは、できればやらないほうが良いです。

Googleの様々なアップデートで自演リンクは効果がなく、Googleに見つかり検索結果に表示されてたのに一瞬で圏外になる場合もあります。

今はSNSも広まってるので自演リンクでなくSNS拡散で記事を読んでくれるユーザーがサイトにリンクを貼ってくれるのを目指したほうが賢明です。

特にホームページを作成し、5ページ程作ったからといって、SEO業者にお金を払って被リンクを貼ってもらい検索順位を上げてもらうような事はやめておきましょう。

 

Googleペナルティに気をつける

サイト運営方法が間違っている場合、Googleの検索結果から圏外になってしまいます。

これはサイト作成時も気をつける事ですが

自身の言葉で考えて情報発信していくのはいいのですが、他のサイトを参考にしたいからと文章を、丸ごとコピーしたりする事です。

トップページも含め、個別ページを作成する時に引用として、他サイトの情報をもってくることは悪い事ではないのですが、引用する時に<blockquote></blockquote>のタグで囲んであげたほうが良いでしょう。

ただ、引用3オリジナル文章7として自身の言葉を多く記載するなどをしたほうがいいです。

次にGoogle検索で表示されない時に確認したいのが、上位表示させようと同じキーワードをたくさん使うことです。

特定のキーワードを入れれば検索エンジンに評価されて上位表示されるという事は間違いないのですが、それはサイト全体のSEO効果が良かったりキーワードにライバルがいないかも、その理由になってきます。

しかし、特定のキーワードをサイトのカテゴリー名に全部入れてトップページでも同じキーワードを多く入れるとマイナス要因としてペナルティの対象になってしまいます。

カテゴリー名やグローバルナビゲーション、ローカルナビゲーション、フッターは内部リンクとなるのでアンカーテキストを考えればSEO効果を発揮しますが、それらに特定のキーワードで上位表示を目指しても訪問者の役に立つ記事にはなりません。

それらに多少のキーワードは入れますが、大事なのはオリジナルで考えられた文章になってきます。

 

そもそもページ公開して間もなくクローラーも訪れてない

作成したサイトもGoogleに登録されていなければ意味がなく、ページを公開してクローラーが訪れインデックスされるまで時間がかかりますので焦らずに待ってあげるべきです。

また、トップページを作りこむ事はSEOを考えても良い事ですが、個別ページを作ってあげる事も大事でGoogleにサイトが検索されない場合、サイトのSEO効果をあげる意味でもページ数を増やす事はしたほうがいいでしょう。

そしてGoogle検索に表示されるために以下に気をつけます。

 

1ページは最低1000文字を心がける

アンカーテキスト(個別ページを紹介する)

ページタイトルはSEOを意識する

サーチコンソールからサイトマップ送信する

同じキーワードを入れすぎない

無意味な自演リンクを送らない

 

これらに気をつければクローラーがやってきてキャッシュされるのでサイトがGoogleに検索されるはずです。

Google検索でサイトが表示されないのは文字数が少なく、それなりにライバルがいた場合です。

このサイトでは内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味でもSEO内部対策である内部リンクは大事としてますが、基本的にテキストがあればクローラーはやってきます。

ただ、クローラーがきただけではGoogle検索で上位に表示されると決まったわけではなく多少のSEO対策を施す必要があるのです。

もうSEO対策に悩まない!ホームページを上位表示させる方法ホームページの売上げアップに必要なキーワード戦略についてを参考にすれば、Google検索で表示されない事はなく、間違いなくアクセスも増えていきます。

このページではGoogle検索でサイトが表示されない時に確認すべき事と改善策を説明いたしましたが、Googleが最も嫌う事は検索エンジンの順位を操作しようとする自演リンクです。

Googleの検索エンジンは、インターネットユーザーに、わからない情報を調べてもらいます。

そのためには1位のサイトは訪問者に役立つ情報ばかりだったり詳しく説明されて訪れるユーザーに満足してもらう必要があるのですが、ここで自演リンクで誰からも評価されてないサイトが1位にくるのはGoogleにとって好ましくないのです。

そこでペナルティとして圏外になり、検索されないようになるので、無意味な自演リンクはやめるべきで作成したサイトを検索されるようにするために、コツコツと訪問者に役立つ記事にします。

これは中古ドメインでもなく独自ドメインで新規に取得しても、記事の質が良ければ訪問者に評価され、自演リンクではなく自然なリンクをブログやサイトで貼ってくれるのです。

仮にテキストが少なければ訪問者は満足できないのはもちろん、検索エンジンにも評価されません。

もし、中古ドメインで文字数も多く、検索されないのであれば、新規で独自ドメインを取得したほうがいいでしょう。

独自ドメインの場合、ドメイン力は0からはじまりますが記事数を増やし育てる事で、どんどんSEO効果がアップするのでGoogleで1位に表示させるためにも独自ドメインは取得が必要です。

ここまでGoogle検索で表示されない事を記事にしましたが、目標とするとこは訪問者にとって有益な情報ですが、自分が満足するより訪問者に満足してもらう記事を書いたほうがペナルティの対象にもなりませんので、できるだけ訪問者目線の記事作成を心がけましょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)