テクニカルSEO

キーワード出現率の理想についてSEOも交えての正解は?

キーワード出現率の理想は何%か?検索エンジンの上位表示したく、一度はキーワード出現率を意識しますが、ネットで調べても3%や5%といった見解で正解の%、正しい情報が載っていないのです。

たしかにキーワード出現率は上位表示を決定させるので、あまりに%が少ないと、検索順位を落としてしまいます。

これはページに対して○○の情報について書かれてるから、なるべく上位にさせようと検索エンジンロボットの考えができないためです。

なのでキーワード出現率の理想は3%ですが、気をつけるのは10%を超えた場合、ペナルティとなる恐れもあります。

 

キーワード出現率はSEO内部対策になる

より多くの訪問者をサイトに呼び込むためにも必要なSEO対策ですがページ内に特定のキーワードを出現させるのは、訪問者に有益な情報を目的としますので、不自然な文章にならない事を考えれば、キーワード出現率も、それほど多くならないという事です。

またSEO内部対策として同じキーワードを何回も出現させるより、大事なのは訪問者がサイトに訪れて「わかりやすい」とリピーターになってもらうためでもあります。

今後SEO対策として重要になってくるのは、他サイトで紹介されるナチュラルリンクやSNSでの拡散になりますので、キーワード出現率を意識して検索結果に表示させながら訪問者を呼び込む事が理想の形になってくるのです。

以前SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になるでも説明しましたが、訪問者のメリットになるSEO内部対策が大事になってきます。

これについては、キーワード出現率の理想は絶対に4%といっても不自然な文章になると訪問者にわかりにくいのです。

 

検索エンジン対策かユーザビリティか?

大体の理想は3%ですが、ページタイトルでSEO効果を狙うワードを文章に散りばめて、検索エンジンから訪れてもらうか?ページ内に設置されてる内部リンクから、特定のページに訪れてもらうか?

本当に見てほしいページがあると、トップページのファーストページビュー等に内部リンクで設置して、見てもらう事もできます。

また、検索エンジン対策としてキーワード出現率を考えたほうが1日のアクセス数もアップしますので、ページタイトル(上位表示を狙う)の2,3単語をキーワード出現率の理想を3%にして多くのページを作成するのがいいでしょう。

サイト運営目的により、集客方法が異なりツイッター、フェイスブック、検索エンジンか違ってきますがもうSEO対策に悩まない!ホームページを上位表示させる方法SEO内部対策で上位表示を独占!今からできる12のコツ画像altタグの知らないと怖いSEOの話、すぐに知りたい事。といったSEO内部対策や素晴らしいサイトを作成しようとしたために失敗してしまいがちな事も説明しています。

キーワード出現率もフッターやサイドバーよりも他と似たコンテンツでない本文が一番重要になりますので、ライバルサイトを出し抜き1位を目指すためにもコンテンツ部分にキーワードを適度に入れるのがいいでしょう。

 

検索結果に表示される事を考える

ページ内に理想のキーワード出現率を入れると、検索結果にページ内のキーワード部分が表示されます。

まだ、検索結果を見ただけで訪れるか決まってない訪問者をサイトに呼び込むためにも特定のワードの近くに、それに対する説明をするのも訪問者のためのサイト作りとしていいでしょう。

サイトに訪れる前にキーワード出現率とは何か?検索結果のスニペット部分で説明ができます。

理想として3%程ですが、サイト全体に適度に入れる必要もあり、本文の最初の方で2,3回は出現させても、クローラーや訪問者に「このページは何について書かれてるか?」伝えやすくなります。

また、検索結果に表示される事を考えれば特定のワードで上位表示させたいと理想とする3%を適切に入れていきますが、特定のワードの近くに関連キーワードを入れると検索に引っかかりやすくなります。

SEO効果を高める事を考えれば個別ページを紹介する内部リンクで出現率を意識しながらアンカーテキストで特定のワードでSEO効果をアップさせる事もできますが、訪問者の事を考えても内部リンクでなくテキストで詳しく説明したほうが質の良いコンテンツになるはずです。

もし、SEO効果もアップさせたいなら少しの内部リンクでアンカーテキストを使いクローラー巡回頻度を上げるなどしてもいいでしょう。

 

キーワード出現率で必ず上位表示されるワケでもない

SEO対策により上位表示できるかが決まりますが理想の%に近づけても、必ずライバルサイトを出し抜けるワケでもありません。

ページにキーワードを散りばめる事は検索エンジンに、どういった事が書かれてるか教えてあげ検索結果に表示させ、訪問者に訪れてもらうSEO対策の基礎的な部分です。

それよりも大事なのは記事数の多さや被リンクになりますがSEO内部対策は、そこまで気にしなくても良質なコンテンツを作成する事を考えれば、何度も訪れてくれるリピーターがサイトを紹介してくれる場合があるでしょう。

 

良質な記事を作成するために

キーワードを散りばめながら他では満載されてないページ作りを目的としますが、多少のSEO知識やユーザビリティとして見出しタグの重要な使い方はSEO+ユーザビリティを意識する長文SEOで訪問者を虜に、今すぐ実践できる18のテクニックを知っておくのもいいでしょう。

またキーワード出現率を理想の数字に近づける事は上位表示を目指し、訪れる訪問者に○○の事について書かれてるページと判断してもらうために必要な事です。

それについては、記事タイトルでキーワード2,3単語で文章を説明してるのに、途中で記事タイトルとはまったく別の事を紹介するのはNGで、
キーワード出現率を理想の数字に近づけて記事タイトルの事に関して深堀していく必要があります。

記事の質さえ良ければ、自然とアクセス数は増えていきますが、それを簡単に行う方法としては記事タイトルに具体的数字をもたせるなど、検索結果で訪問者に対してサイトに訪れるメリットはあるか?知りたかった情報は得られるのか?数字で教えてあげる必要があるのです。

もちろん数字は多ければ多いほど、訪問者にとって有益な情報と文字数が増えますのでロングテールSEOをプラスアルファで効率的にアクセスを得るメリットもあります。

キーワード出現率は、検索エンジンと訪問者にページ内で書かれてる情報を教える事になりますが、大事なのは理想の数字に近づけてユニーク性の記事を作成する事です。

ただ、ライバルサイトもキーワード出現率は意識してますので、検索順位の1位になるためにも他サイトよりも詳しく具体的な内容で情報発信してあげる必要があるでしょう。

そのためには他にはない、イラストで文章についてイメージできるようにしたり「現役○○が教える」等にしても、サイトに訪れる訪問者は現役の方だと教わりたい!と読んでくれリピーターになってくれる可能性もあります。

イラストに関しても使わないと、訪問者は必要な情報を探しにサイトに訪れたとしても文字ばかりだと見えにくく、コチラが伝えたい情報を見ないままページを閉じてしまう可能性もあるのです。

そうならないためにもCSSやhタグ、画像、箇条書きを使って訪問者を飽きさせない工夫や伝える文章も考える必要があります。

キーワード出現率を気にするとユーザビリティが欠けてしまいますので、理想の数字には近づけますが、これといった正解はないので、何%にすれば1位に表示されるというよりかは、ユーザビリティも意識しながら記事作成するのがいいでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)