テクニカルSEO

画像altタグの知らないと怖いSEOの話、すぐに知りたい事。

画像altタグは検索エンジン、クローラーが読み込んでくれるので、SEO対策としても有効になってきます。

サイトによっては画像ばかり使い、テキストは一切記載しない場合がありますが、こういった事は、検索エンジンに好まれません。

本来であれば、クローラーはテキストを好みますので、文字数を多くして上位表示を狙います。

ここで、SEO対策を知らない方で「どうしても訪問者からのイメージも良くしたいから」といって、サイト全体に画像ばかり並べるケースもあります。

また、SEO対策はテキストでわかりやすく説明して訪問者にわかりやすいコンテンツが重要になってきますが、画像はイメージするために必要になってくるのです。

 

訪問者のためにaltタグを最大限に利用する

もし、画像ばかり使っているようでしたら確認したいのがaltタグを使用しているか?

悪い例

<img src=”” alt=””>

良い例

<img src=”” alt=”名古屋のそろばん教室の風景”>

こういった適切なキーワードを記載してあげる事です。
よくaltタグに「名古屋 そろばん」の単語だけを見かけますが、こういった記載はよくないです。

単語だけでもクローラーは読み込んでくれますがaltタグは検索エンジンにも表示されるというメリットがありますので「名古屋 そろばん」だけが検索エンジンで表示されても、どこか不自然になってしまいます。

また、altタグはSEO効果を発揮しますが、同じキーワードを使うのは良くなく、サイトがそろばんであるなら、altタグにそろばんのテキストも入れてあげるけど関連したキーワードも入れてあげる事です。

 

altタグは画像検索からも訪れてくれる

これは検索に比べれば少なくなりますが、少しでもアクセスアップする事ができます。
ここで画像検索に表示されるためには、altタグに必要なテキストを入れましょう。

先程の「名古屋のそろばん教室の風景」をaltタグに設定すれば、名古屋 そろばん教室で画像検索した訪問者が訪れやすくなります。

また、ユーザーが検索して求めてる情報という事であれば、「名古屋のそろばん教室」でも大丈夫ですが、知っておきたいのが、その周辺のテキストも読み込んで画像検索へ表示させてくれるという事です。

実際には画像検索した時、大きい画像とテキストの説明文が表示されています。

テキストの説明文はページに対しての文章で、これを考えれば画像に対しての説明をするページが良いと考えられます。

altタグは画像検索結果で表示させるのに便利だったり、検索エンジンのテキストとして読み込まれるので、今までaltタグを設定していなかった場合、アクセスアップのためにaltタグにテキストを入れるようにしましょう。

 

altタグ設定なしで画像検索される場合

ページタイトルが表示されたり、周辺のテキストを読み込んで画像検索結果に表示される場合もあります。

どういったサイトを作るかによって、100%altタグを設定しなければいけないワケでもありませんが、テキストが少なく画像だけの場合はaltタグを設定して、検索エンジンに画像に対しての説明文を入れてあげる必要があるでしょう。
逆にテキストやアンカーテキストが多い場合、無理にaltタグを設定する必要はありません。

画像ばかりのサイトで検索エンジンからのアクセスが少ない場合、altタグを利用するのがSEO面でもプラスになります。

 

画像へのリンク設定はアンカーテキスト効果

アンカーテキスト効果を発揮するためにもaltタグを設定して画像をクリックするとリンク先に飛ぶようにしなければなりません。

<a href=”リンク先のURL”><img src=”” alt=”そろばん教室の料金について “></a>

アンカーテキストはSEO効果をアップさせ検索エンジンに拾われやすくなります。
だからといって、同じキーワードでアンカーテキストを何度も設定してあげると、逆に検索エンジンからスパムとみなされてしまいます。

あくまでも自然な形でクローラーが、どういったサイトか?理解できるサイト設計にしてあげる必要があります。
ただ、気をつけてほしいのが、1ページに対して画像を多く使いすぎるとページが重くなってしまうという事です。

ページが重いと離脱率も増えてしまいますので、見出しに対するイメージなのか?ページに対する画像を入れるのか?目的を決めて訪問者へ、わかりやすさを提供するのがいいでしょう。

 

訪問者の事を考えるとテキストも必要

altタグは色々なメリットがありますが、やはりテキストも増やして、画像に対しての説明やページタイトルに対する文章を記載したほうが検索エンジンで上位にきやすくなります。
SEO対策はコンテンツの充実がアクセスアップの鍵になる

基本的に訪問者は情報を探すために検索エンジンから○○について、検索しサイトに訪れます。
その時に、どういった情報が書かれてるか?テキストで役に立つ情報であるなら何回も訪れるなどのメリットはあります。

画像を使うこと自体NGではありませんが、画像もテキストもバランス良く満載されてるほうが訪問者のためのページになるという事です。

またサイトによっては、どういったテキストと画像を使っていくか?これはテキスト400文字記載してイメージとして画像を使い、一番最後まで読んでくれるように同じ事を繰り返すやり方もあります。

 

集客のために大事な事とは?

実際の店舗場所がわかるような画像を利用するのがオススメです。
ホームページの場合、飲食店であれば店内を写真にして、altタグに設定すると多くのメリットがあります。

実際の写真の方が訪問者の滞在時間もよくなりSEO面でも効果をアップさせるのと、クローラーにテキストと認識され、訪問者に求めてる情報があるとアクセスアップの効果があるのです。

そして集客を考えると画像にアンカーテキストを入れてあげて、その近くにテキストを設置してあげる事もできます。

クローラーはアンカーテキスト近くのテキストを重要とみなしていて、アンカーテキスト先の情報を理解するためにも近くのテキストを拾いやすく検索エンジンに表示させてくれるのです。

画像も使い方によっては、クローラーの好む、テキストやアンカーテキストになりますので、訪問者の事を考えれば自然とSEO対策になります。
(内部リンクのアンカーテキストをクローラーに伝える意味)

例としては

<a href=”リンク先のURL”><img src=”” alt=”そろばん教室の料金について “></a>

子供から大人も、頭を使って楽しめるそろばん教室の料金を記載しています。

子供(小学生)は低料金で、大人の場合高くなります。

 

こういった記載をしておけば

「そろばん教室」 「料金」のアンカーテキストに対して「子供」「大人」「小学生」などのキーワードのSEO効果が高まります。
これは、検索結果に「そろばん教室 子供料金」で表示されやすくなるという事ですが、そのページ全体に、検索結果に表示させたいキーワードを適度に含めてるか?も大事です。

アンカーテキストでもSEO効果を高め(近くのテキストも読み込んで)、さらには画像検索結果で周辺のテキストや訪問者のために、○○の画像を探しててページに訪れる前に、個別ページの最初のテキストも表示されます。

ただaltタグを設定すれば良いわけでもなく、訪問者のために考えたキーワードを入れてあげるのがいいでしょう。

(※この記事のライター:SEOライターチーム)

ABOUT ME
渡部 瞬
一人ビジネス戦略家&Webコンサルタント。得意分野は、テクニカルSEO。 「1ヵ月後に月間PV数1.7倍、2ヵ月後に月間PV数2.3倍」や「7ヵ月後に月間オーガニック流入数 100万件超、前年比507%」など改善実績・事例多数です。 個人起業家から上場企業まで、7年間で180以上のWebマーケティング、Webサイト改善に携わり事業成長を支援しています。 エンジニア・デザイナー・クリエイター、コーチ・コンサルタントなど、労働集約型ビジネスの一人社長・複業家・フリーランス・副業サラリーマンの方向けに、一人ビジネス専門メディア『ナノ経営』を運営。 一人ブラック企業状態を脱却し、週3日稼働で高収益な一人ホワイト企業に転換するための情報を発信しています。 お問い合わせフォームはこちら »
現状分析・課題抽出のためのSEO診断

●対応内容:
サイトの現状調査・分析により、順位上昇・SEO対策の効果を高めるための改善点・課題点抽出を行います。

●成果物:
Word数ページにて、チェック項目・改善点を一式ご報告させていただきます。

※箇条書き、テキストベースのシンプルな体裁とさせていただいておりますが、ご了承いただけましたら幸いです。

※調査結果とあわせてご参考までに、改善・改修作業を弊社で対応させていただく場合のお見積もりをお送りさせていただきます。

※改善・改修作業をこちらで対応させて頂く場合は、調査料金3万円をお見積もりから差し引かせて頂きます。

●所要期間:
お振り込み頂き着手してから、1週間以内に調査結果をお送りさせていただきます。

【特典】
Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)を活用し、アナリティクスやサーチコンソールの各種データを連携して作成した10ページ前後のアクセス解析オンラインレポートをご提供します。

アナリティクスよりもアクセスの推移やコンバージョン数(申込数、成約数)などの成果が見やすくなります。
Googleデータポータルの仕様が変わらなければ、無料でずっと使えます。

毎日自動でデータが反映され、日々の指標確認、アクセス分析、スピーディーな打ち手検討、モチベーション維持などにご活用いただけます。

【料金】
現状分析・課題抽出のためのSEO診断 一式 30,000円(税別)

SEO診断に申し込む »